« 400万円の借金生活 奨学金の返済に困ってます | ホーム | 学生ローンでお金を借りる 審査が通ったが親バレして »

2014年1月 8日

どうしてもお金がないとき貸してくれたところ

私は若干18歳の時にアメリカのヒューストンへ一人で旅行に行った事があります。

当時NBAバスケットボールのヒューストンロケッツの大ファンでどうしてもロケッツのホームコートでゲームが見たかったのです。

初めてのアメリカ南部への旅行でかなり興奮していた私は取り敢えず5万円くらいするロケッツの最前列から5列目くらいのプレーオフチケットを購入、ショッピングやグルメにお金を使い過ぎていました。

帰国する日が数日後に迫って来た時焦りを感じた私はお財布と相談した結果、ヒューストンでのステイを延長する事にしたのです。

そう、手数料がかかるのを承知で日本へ帰国する為のフライトを変更する事にしたのです。

手数料の計算を間違った私はどうしてよいのか困っていた時にNASAへ行く途中黒人のタクシー運転手に相談したら、なんとお金を貸してくれたのです。

戸惑いながらも他に手段を持ち合わせていなかった私は差し出されたお金を受け取り、無事帰国する事が出来たのです。

帰国後、彼に電話をし何度も御礼をしました。

私にとっては本当に一生忘れる事の出来ない出来事でした。

このブログ記事について

このページは、adminが2014年1月 8日 15:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「400万円の借金生活 奨学金の返済に困ってます」です。

次のブログ記事は「学生ローンでお金を借りる 審査が通ったが親バレして」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。