« 誰にも頼れないなら消費者金融でお金借りるのもおすすめ | ホーム | うつ病から退職しお金を借りる負のループから抜け出せず »

2014年4月10日

母子家庭でも両親のために消費者金融でお金を借りる

私が初めてお金を借り入れたのは、21歳の時でした。

その当時は、仕事も始めて数ヶ月だったので、お給料も少しは安定していたと思います。

シングルマザーで子育てし、実家に住んでいたんですが、車の運転免許を取得したくて、コツコツお金を貯めていましたが、いろいろな出費があり、貯金ができなくなりました。

親の入院、姉の病院代、保育料などが重なって生活自体が厳しくなりました。

私は、家族から頼られ、悩んだ結果、金融会社からお金の借り入れする事を決めました。

家族にその事を話すと「申し訳ないね。ありがとう」と言われました。

この、借り入れたお金のおかげですべて支払う事が出来ました。

パートですが、仕事していたので、最初の数ヶ月は、返済も出来ていました。

しかし、また、災難があり、借り入れの金額を増やすことになりました。

その時はどうしてもお金を借りたい状況でしたし、私は大丈夫だろうと思い、そのまま手続きの電話を入れました。

3社からも借りると返済が厳しくなってきました。

私は、毎日返済の事で悩み、小さかった子供にまで心配されるぐらいでした。

子供の顔を見てると頑張らなきゃって思い前向きに考えました。

ある日、父親から「1社は負担するからな。迷惑かけてすまない。」と言われ、返済する事ができ、とても嬉しかったです。

残りの2社は、何とか頑張れば返せるかなって思い、休みを週2日だったのを週1日にしてもらい、仕事に励みました。

やはり、私だけでは、完済する事ができず、姉やお付き合いしてた人にお願いをして完済する事ができました。

完済できた時は、とても嬉しかったですし、姉やお付き合いしてた人に感謝の気持ちでいっぱいになりました。

借り入れは簡単に出来るけど、返済するのにすごく苦労するんだなって思いました。

今後は、絶対にお金は借りないって思いました。

もう、苦労したくありません。

このブログ記事について

このページは、adminが2014年4月10日 18:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「誰にも頼れないなら消費者金融でお金借りるのもおすすめ」です。

次のブログ記事は「うつ病から退職しお金を借りる負のループから抜け出せず」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。